バラ
母と娘の健康食膳ライフ 旅
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.08.16 (Mon)

ラヴェンダーの香り

お久し振りです。
 
こう暑くては、夏に強い方々でも大変ですよね。
ましてや、夏が苦手な私は生きていくだけで精一杯
すこしでも涼しくなるように、富良野のラヴェンダーの写真を載せます。
早咲きのラヴェンダーです。
見た目も美しいのですが、あたりに漂う風がラヴェンダーの香りが満載です。
①ラヴェンダー


美瑛の丘

美しい模様です。農家の方々が、毎年何を植えるかを相談して
この美しいコントラストを生み出すそうです。
美瑛

白のラヴェンダー

初めてお目にかかりました。
何とも涼やかな風情です。
ラヴェンダー白

スポンサーサイト

テーマ : 旅先での風景 - ジャンル : 旅行

11:21  |   |  トラックバック(1)  |  コメント(3)

2009.10.03 (Sat)

タコの水飲み場

タコの水飲み場

 これはいまをときめく旭山動物園の水飲み場です。
 どんなに旭山動物園が有名になろうとも、これだけは昔から同じ。
 よく見ると、塗りかえられているようでキレイ!
 こんなに有名になる前の旭山動物園は、終日ガランとしていてのんびりとしたものでした。
 広~い芝生が広がっていて、白樺の木々が程良い木陰を作っていて
 それはそれは、のどかなものでした。
 動物園の周りにはカタクリの花の群生地があったりして(今もあるのかな?)
 今考えると夢の様な気がします。

 あれよあれよという間に有名になって、嬉しい様な、寂しい様な、、、
 旭山の良さを残しつつ、動物園にはこれからも頑張っていって欲しいと思います。

でも、動物園なのになんでタコなんだろう?(娘のつぶやき)
場タコの水のみ


19:55  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2009.04.10 (Fri)

ピンクの桜☆黄色の桜

枝垂れ桜 と 鬱金(うこん)のさくら

暖かい日が続いた東京は、桜が満開から葉桜へと姿を変えつつあります。
‘これぞ、桜の名所’という桜も良し、何気なく道に一本だけ咲いている桜も、なおさら良し。

世田谷の某所の枝垂れ桜。
枝垂れ桜は何故か、ひっそり、という言葉が似合います。下草に生えていたタンポポ、花ニラ
野苺が愛しさを募らせます。

桜しだれ

鬱金の桜(うこんの桜)
淡黄色に咲き、散り際に花が紅くなる、のだそうです。
お初にお目にかかりました。一重と八重の中間の様な花びらが、控え目な色合いの花を
華やかに見せてくれいます。
いつもは、ソメイヨシノの桜が咲いた後に咲くので、鬱金の桜が咲いた事に気がつかない人が多いそうです。今年はソメイヨシノ、枝垂れ桜、鬱金の桜が同時に花開いたそうです。
おかげで、私も鬱金の桜に巡り合うことができました。
住職さんのお話も伺い、ありがたいお供物のおせんべいも頂き、今年の桜の締めくくりにふさわしい一日でした。  日本の桜を見る事が出来なかった人達に届けます
桜うこん



22:17  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2009.04.07 (Tue)

初めて見る花!

何、この花!
 花の大好きな私は、どこにいってもまずその土地の植物が目に入ってきます。
 特に気候風土の違う土地に行く時は、特に楽しみにしています。
 この毬の様な、ボンボリの様な花には初めてお目にかかりました。
 場所は香港島のセントラル、ビルの谷間にある公園の一角に一本だけありました。
 色といい、形といい、いかにも熱帯植物といった姿です。
 香りが何もしないのは残念だけど、見事な球形に見とれてしまいました。

花香港毬のような
全体花の
説明板




19:03  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2009.01.20 (Tue)

ベトナムの風景

ベトナムの風景
 ほんの少しではありますが、ベトナムの風景をご紹介。
 ベトナムというとメコン川。川というより、海の様に広い。水は泥を含みごらんのような茶色。
 でもこの泥が、まわりの土の養分を含み、メコンデルタに豊かな恵みをもたらしている、とか。
 たしか稲作はこのあたりが発祥の地。ベトナムは年に2回、お米を収穫できるとのこと。
 チベットを源とし、悠々と流れるメコン川に豊かな実りを感謝。

メコン河


メコン川の支流
 メコン川クルーズで大きな船が入っていけない支流は、手漕ぎのボートに乗っていきます。
 ボート同志がギリギリにすれ違う所などは、漕ぎ手の腕の見せ所。


通り夜の

すごいでしょう、この魚
 エレファントフイッシュ、という名前。
 大きな写真だと、うろこも顔もちょっと引いてしまう位。川魚なのにメコン川では生息してないらしい。
 メコン川クルーズで出てくるエレファントフイシュは、すべて養殖らしい。ちょっと残念。
 川魚臭さもなく、淡泊で美味しい。
フィシュエレファント

これは、レストランで食べた蓮の葉に包んで蒸したご飯。
 香りもごちそう、とはこの事、と実感。
ごはん蓮
このところ、旅グルメのようなブログにすっかり変わっている事に気付く。
このままでいいのかな、、、
娘ちゃんが帰って来るまで、時々‘健康食膳’で良しとしよう!



テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

19:06  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(6)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。